FC2ブログ

【INDECENT TALK blog】

美しい女性を、美しい写真で、美しすぎるほど卑猥に…。エロスあふれる写真と日記で綴るblog…、それが『INDECENT TALK blog』。 想像もつかないような場所、、妄想が膨らむシチュエーション、SWや複数プレイなど、イケない遊びで貴方を興奮の坩堝へと誘います。

≫ EDIT

【Album】売りに出ているのなら、百穴を買いたい Vol.1





みんな思ってるでしょ?



『何故無くなったんだ!百よ!』



と。



 別に特筆して好きだったわけじゃないよ?

 でも無くなったと知ると無償に行きたくなるのが人間の性でして。もうここ最近ともなると百に行きたくて行きたくて仕方がないわけなんです。あんなイカれた場所はほかにないもの。もうあそこが好きすぎて、おかしくなりそう。いや、嘘だけどね。でも行きたいのよ、百に。



100穴
↑ この入口、懐かしいよね。
最初何回かこの入口から入れずに、ビビッて帰ったことがあります。


100穴
↑ この時はこの程度だったけど、
最初来たときは怖いから入れず、この入口でフルヌードして撮影したんだ。記念に。


100穴
↑ そした番台のおばさんに「誰に許可とってんじゃ!」ってキレられて退散w



 そんなに回数を重ねたわけじゃないし、数えるほどしか行った事ないんだけどね。

 でも、ある意味で昭和の名残と言うか、良くも悪くも客任せの本当にひどい(←褒め言葉)施設だったじゃない?今からこの手のいい加減さで何かをやろうって思っても、それはそれでなかなか難しいと思うんだよね。そういう意味ではエロとしても、なんとない時代の残り香としても、素敵な施設だったなって今さら思うんです。



100穴
↑ 奥でマッサージしてる人がいたり…(恐らくイ●チさんのような気が…。)

100穴
↑ ワニさんか一般客かわからないおっさんも堂々としてるし。

100穴
↑僕らが撮っててもなんも言わんし。

100穴
↑ 間近で覗きに来るでもなく、かといってチラ見でもなく。

100穴
↑ 素敵なエロの聖地でした。それにしても酷い肌修正ですな。
初期のころの写真なのでお許しを…。




 でね、いろいろ話を聞くと「どうも百は売りに出てるらしい」と言う事なんだよ。

 1億5000万程度の額で、土地と上物付きでってことらしい。採算度外視で若干の手直し(浴室&浴槽とトイレとボイラーあたり?)を入れて1.7~2弱だとして。常駐者を選任して住まい提供して…って考えると、幾らくらい売りあがってりゃいいのかなぁ。なんて考えてて、回収はできなくとも、大損しないで10年~20年程度やれる分には考えてもいいかな、なんて思ったり。

まぁでも水掘ったり、色々やらなきゃいけない事も多いんだろうし、その辺見積もって真剣にやってみてもいいかな…って思うんだけどみんなどう思う?

ってなわけで、本シリーズはVol.2以降 Photo Albumとしてお届けします。広間での撮影と、湯船での撮影、最後はおひとり抜いたりしてます♪

今後をお楽しみに!





※ blogランキング向上にご協力を♪ ランキングバナーを『ポチっ』とお願い致します★

ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60



……… END ………


▼ 拍手ボタンも『ポチっ』と応援よろしくお願いしますm(_ _)m ▼


※ 課金制ページの購入はコチラから ※
課金制ページのご案内へ


| ◆ PHOTO ALBUM | 11:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Album】Eterno in the Beach Vol.6





『本当は2回分の写真があるのだけど、
このシリーズで1年経っちゃったのでこの回で終了にします。』




 いくら"エロ投稿や不法行為を取り巻く情勢が、私達エッチブロガーに危険になった"り、"個人的に色々あって気分が乗らなかった"とは言え、ほぼ1年同じシリーズだけで終えるのは流石に申し訳ないんじゃないかと思えてきました。なので今日更新しますが、2回分の写真を全部載せてしまいます。お手柔らかにお付き合いください。

申し訳ないので、フェラーリ秘話もお付けします…(苦笑)

続きはブロマガにて…



Eterno in the Beach Vol.6

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?



※ blogランキング向上にご協力を♪ ランキングバナーを『ポチっ』とお願い致します★

ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60



……… END ………


▼ 拍手ボタンも『ポチっ』と応援よろしくお願いしますm(_ _)m ▼


※ 課金制ページの購入はコチラから ※
課金制ページのご案内へ


| ◆ PHOTO ALBUM | 07:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Album】Eterno in the Beach Vol.5 (blog再開にあたって)





 皆さん、お久しぶりです。

 せっかく読んでくださっていた数少ない読者のみなさんには、長いことお待たせして大変失礼いたしました。

 最近になって、どういう風の吹き回しか"何かを書きたいな"と思えてきたので、そろそろ再開しようと思います。



 そもそも何故にblogや遊びが止まっていたかと言うと。あれは、たしか今年の出来事だったと思うのだけど、ナンネットでIDを数回連続で削除されたことをきっかけに活動の大部分を停止したのです。何度再登録しても消されてしまい、「いい加減もういいや」と白けてしまった…と言うのが原因でした。

 で、最近になって、ある日思い立ってナンネットに再登録。ID削除で思い当たる理由をすべて排除したら今のところ消されずに済んでいる状態です。そんなこんなで”なんとなく活動を再開”したのでblogも書いてみようという気になった、と言う訳です。

 (ちなみに、前回の記事は夏頃に書いたことになってると思いますが、実際には春頃から記事を作成していて、予約投稿と言う形で日時を指定して投稿していたものの筈なので、リアルタイムに"書き/投稿し"と言うのは本当に久しぶりです。)



『てなわけで、最近のYusuke&Eternoの近況を過去の写真と共に…』



Eterno in the Beach Vol.5
↑ もうこの頃どんな気持ち/内容で撮っていたのか記憶がはっきりしない…。



 Yusukeが元々学生時代から起業家として身を立てていたことは何度かお話ししたと思います。 記憶にないのですが、その会社を10年弱で売却した事も書いてきましたよね?理由や心境についてはまたいつかお話しするとして、会社が傾いたからと言う事ではないんです。もちろん今も、当時の僕のブレーンだった首脳陣や社員たちは元気に会社を切り盛りしてくれています。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ そういえばこの辺の写真って、すべて盗まれる前の機体で撮ってるはず??



Eterno in the Beach Vol.5
↑ 一昨年の冬に車上荒らしで機材を全部盗まれたんです。懐より心が痛かった。



 会社を売ってしばらく心と体を休めようと決めていたのですが、3か月後に震災が発生しました。

 人生であれほど心が動揺し、何かしなければいけないと思ったことはありませんでした。数日はこちらで活動し、4日目か5日目あたりから震災前から色々と縁のあった土地に入りました。以降、現地の復興委員として、1年数か月被災地の真ん中に一人住み暮らしながら、復興会議の推進、市や県や国への提言、震災後も残る住民と対話、そして現地の新聞を作ったりもしました。2012年の夏前に、ある程度の役目に区切りをつけ横浜に戻ってきたのです。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ 人のいる海で脱ぐ/脱がせる/写真を撮るって、僕のエロスの原点かも。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ 写真見ているだけでも興奮するもんね。僕だけかもしれないけど。



 それから1年くらい、本当に何もしない、エッチな遊びと適当にエロい写真を撮るだけの日々を送りました。

 会社の売却に奔走し、それが成ってすぐに震災が起こり、そのまま1年以上を現地で過ごした…。そんな日々が数年続いたのもあり、心が疲れていたんでしょうね。やがて、ふと送った写真展で賞を頂くことになります。ずっと追っていた被災者の笑顔をとらえたものでした。その時に、僕は自分が何をすべきか気づかされた思いでした。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ ふと思うと、この頃の写真の方が新鮮味と思いがこもってる気もする。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ 最近は少しこなれてきちゃった感があるかも?エテルノにじゃなく僕に。



 僕はいつもリアルの中に身を置きたいと思って生きてきました。

 とんでもないイタズラっ子だった幼少期も、ワガママ放題でガキ大将だった小学生、生徒会長をやるほど生真面目だったのに喧嘩に明け暮れた中学時代、そして退学を繰り返した高校時代、犯罪や薬物や抗争を繰り返した10代最後と20代初頭、そして犯罪と悪事で稼ぎまくり渡世に出入りした20代前半。でも高校を何度やめても大検で大学には入り、不良を束ねながらも何か月も旅に出て海外での見聞を積み、大学では研究室にこもって勉強を重ねた時期もありました。

 そのすべては生きている実感がほしかった故だったのでしょう。

 道理を曲げたくなかったし、弱きものは助け、いつも強きものに食って掛かっていた若者時代。やがて社会に飲み込まれ、健全な行いで日々を過ごすようになってからも、いつも心に使命感を感じていました。それがその時わかった気がしました。それは「真実を見ること、そして伝えること」でした。



Eterno in the Beach Vol.5
↑ 久々なので惚気るけど、やっぱりいいバスとだし、いい肌だなぁ。



 僕はその賞を頂いたことをきっかけに、何人かの写真家に会いに行きました。友人の著名なカメラマンやデザイナーにも話を聞きに行き、写真家のセミナーや講座も受講したりしました。ある日僕の心がつぶやきます。

 「写真家として生きていこう」

 僕は仕事として写真をやるのではなく、自分の追い求めるべきものを写真と自分の身体と心で見つめようと思いました。でも、そうはいっても趣味(まぁ要するにエロスな世界)でも写真は使いたい。何の技術も知識もないし、見識もないのに誰に弟子入りしてしていいのかもわからない。なので1年ぶらぶらした後に、1年間学校に通い始めたのです。

 そこで数人の偉大な写真家に学び、いくつもの大切なことに気が付かされ、プライベートでも尊敬する写真家に、師事とまではいかないながら個人的に教えを乞う立場を得ました。現在は、いくつかの雑誌掲載、銀座の真ん中のメーカーギャラリーでの個展、ギャラリー主催のグループ展などを経て、ヌードとドキュメントを専門とした写真家として活動をしています。

 今は日本の離島、そこに住む人々を追って撮影する日々です。来年はフィリピンの貧民街を追ってみようと思っています。少し真剣な内容になったけど、久々にblogを再開するにあたって"僕らのいま"をお伝えしておこうと思いました。

 エテルノはこの間、職場でちょっと偉くなり、口には歯の矯正がつきました。

 もう2015年の半ば前には器具がとれて、歯並びがよくなって戻ってくるはずです(笑)

 それでは、今後のblogと僕らの活動をお楽しみに。





※ blogランキング向上にご協力を♪ ランキングバナーを『ポチっ』とお願い致します★

ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60 ブログランキング 150×60



……… END ………


▼ 拍手ボタンも『ポチっ』と応援よろしくお願いしますm(_ _)m ▼


※ 課金制ページの購入はコチラから ※
課金制ページのご案内へ


| ◆ PHOTO ALBUM | 07:30 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


Page Topへ